オフィス内の情報戦略には欠かせないLAN設備。

LANとは”ローカルエリアネットワーク(限られたネットワーク)”のこと。 機器同士を、機器とインターネットを接続するためのネットワークのことです。

そんなLAN設備でよく耳にするのが”有線LAN”というもの。

オフィスを対象としたLAN工事では、有線LANが主体とされるのが一般的。 ”無線LAN”も選択肢としてあるものの、ほとんどで有線LANが選ばれるためです。

しかし、正直なところ「有線LANとはなに?」という方も多いのでは?

そこで、今回は有線LANとはどのようなものか詳しくご説明しましょう。 LAN工事の流れについても触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.有線LANとは

冒頭で紹介した通り、オフィスのLAN工事では主に”有線LAN”が主体とされます。 では、有線LANとはどのようなものなのか、その特徴と合わせて見ていきましょう。

有線LANとは”LANケーブル”を使ったもの

機器同士を、機器とインターネットをつなげるには何かしらの接続手段が必要です。

その接続手段の1つが”有線LAN”と呼ばれるもの。

有線LANではルーターにLANケーブル、ハブなどを利用して機器同士を接続します。 例えば、パソコンと複合機を、パソコンとインターネットをLANケーブルで接続するなど。

”LANケーブル(有線)を使って接続している”からこそ、有線LANと呼ばれる訳です。

ちなみに、無線LANとは電波(無線)を使って接続しているからこその呼び名です。

有線LANの特徴

有線LANとはLANケーブル(有線)で接続するからこそとのことでした。 では、そんな有線LANにはどのような特徴があるのでしょうか?

通信が安定しやすい

まず、有線LANには”通信が安定しやすい”という特徴が。

LANケーブルはデータの通り道、整備された道路のような役割があります。 データが通るためだけの道なので、データの障害となるものはありません。

その為、通信は安定しやすく、速度も一定を保ちやすいのです。

大量データに向いている

次に、有線LANには”大量データに向いている”という特徴も。

先述した通り、有線LANは通信が安定しやすく、速度も保ちやすいです。 つまり、大量のデータも安定した環境で、一定の速さでやり取りできるということ。

途切れる心配がない…、これだけでも有線LANは十分に魅力的です。

不正アクセスに強い

最後に、有線LANには”不正アクセスに強い”という特徴も。

有線LANではLANケーブルを使って、機器同士を物理的に接続しています。 もし不正アクセスしようとすれば、直接LANケーブルを機器に接続する必要がある訳です。

オフィスに侵入さえされなければ、物理的に不正アクセスすることはほぼないと言えます。

2.LAN工事の流れ

有線LANとは通信環境が安定し、かつセキュリティにも優れたものということでした。 では、有線LANのLAN工事を依頼するとして、施工までの流れをご紹介しましょう。

お問い合わせ

LAN工事では、まず業者に対して”お問い合わせ”するところから。

ブラウザから「LAN工事 業者」と検索してみてください。 ちょっと調べただけでも10件以上の専門業者が見つかるはずです。

だからこそ、まずは”どの業者にお問い合わせするのか”を決める必要が。

もし、業者選びに迷っているのなら、”相見積もり”をするのがおすすめ。 相見積もりとは条件を揃えた状態で、複数社から見積もりを取ることです。

条件が同じなだけに、料金設定からサービス内容に至るまで比較できます。

気になる業者があれば電話やメール、ファックスなどでお問い合わせしましょう。

打ち合わせ

業者にお問い合わせしたら、次は”打ち合わせ”に進みます。

業者の営業担当者から連絡、またはオフィスに訪問があるはずです。 その際、現場(オフィス)の状況、求めるLAN工事の内容を質問されます。

これら情報をもとに、業者側からより詳細な見積もりが提出されることに。 この工程を何度か繰り返し、要望や料金などをすり合わせていく訳です。

契約さえしていなければ、手数料などの料金は一切発生しません。

条件の良い業者が複数社あるなら、同時進行で進めるというのも手です。 ちょっと手間はかかりますが、より良い条件の業者を選ぶことにつながります。

契約・施工

打ち合わせが大詰めにきたら、最後に”契約・施工”に移ります。

打ち合わせの、見積もりの内容に問題がなければ契約ということに。 契約書にサインした時点で正式に発注、施工という流れになるのです。

ちなみに、余裕があれば施工中の現場にできるだけ立ち会ってください。

というのも、作業員も人間ですから、ついうっかりでミスすることはあります。 依頼主が立ち会っていれば現場に緊張感が生まれ、ミスを減らせる訳です。

もし難しいようなら、少なくとも最終日の確認は必ず立ち会うようにしましょう。

3.まとめ

今回は、有線LANとは何か、その特徴とは何かについてまとめてみました。

有線LANとはLANケーブル(有線)を使って機器を接続する方法のこと。

有線LANの特徴としては大きく3つ。

  • 通信が安定しやすい
  • 大量データに向いている
  • 不正アクセスに強い

上記から分かる通り、有線LANはオフィスに、ビジネスに向いている方法なのです。

ただ、当然ですが有線LANにも不向きな状況というのがあります。 だからこそ”無線LAN”があり、有線LANの穴を埋める役割が。

LAN工事では有線LANを主体に、無線LANを上手に組み合わせるのが最適です。

ぜひ、紹介した内容を参考に、LAN工事における有線LANとは何か確認してください。