オフィスを新設、移設するのにまず考えておきたいのが”有線LAN工事”。

オフィス内のネットワーク環境、情報戦略の要として有線LANは欠かせません。

重要な有線LAN工事だからこそ、どの業者に依頼するのかもこだわりたいところ。 業者選びに失敗すると、要望通りのネットワーク環境にならない可能性が。

しかし、いざ業者選びとなっても、何を基準に比較すればいいか分からないでしょう。

そこで、今回は有線LAN工事を依頼する業者選びのポイントをご紹介します。 一般的なものからあまり意識されてこなかったところまで、ぜひ参考にしてください。

1.有線LAN工事の業者選びのポイント

有線LANはオフィス環境に欠かせないものなだけに、業者選びには慎重になるもの。 では、有線LAN工事を任せたくなる、業者選びのポイントをご説明しましょう。

複数社を比較する

業者選びの基本は”相見積もり”です。

相見積もりとは複数社に見積もりを依頼して比較すること。 その際、できるだけ条件を揃えて見積もりを取るのがポイントです。

条件を揃えているので料金からサービスに至るまで比較できます。

近場だから、知っているからだけで業者を選ぶのだけはやめましょう。

有線LAN工事はオフィス環境を大きく左右する重要なもの。 業者によってはオフィス環境を使いにくいものにしてしまうかもしれません。

少なくとも2社以上、余裕があれば3社以上を比較するのがおすすめです。

営業年数の長さ

どの業界にも言えますが、”営業年数の長さ”というのは信頼につながります。

というのも、営業年数が長いということは、業界において事業が成り立っているということ。 業界からはもちろん、顧客からも愛されているからこそ営業できている訳です。

正直、周りから愛されていない業者というのは数年で潰れてしまいます。

もちろん、まだ1,2年の業者でも、将来的に愛されるところはあるはず。 ただ若いだけで候補から外すのではなく、あくまで1つの指標程度にしておくといいです。

ちなみに、5年以上営業していれば、十分に力のある業者と言えます。

営業所の距離

オフィスから営業所までの”距離の近さ”というのも意外と重要です。

有線LAN工事というのはお問い合わせから施工まで数カ月はかかるもの。 工事の規模によっては、内容によっては半年以上かかることもあります。

つまり、施工に至るまでに、業者と何度も打ち合わせする必要が。 遠いとあまり打ち合わせできずに、十分に要望が伝えられないかもしれません。

また、有線LAN工事というのは1度すれば終わりというものではないです。

オフィス環境に変化に合わせて、有線LAN工事を再びする必要のあることも。 定期的に点検、対応してもらおうと思うと営業所が近くにあると便利です。

拡張性を意識する

有線LAN工事には”拡張性を意識”したレイアウトを求めたいところ。

先述した通り、有線LAN工事というのは1度で終わることはまずないです。

社員が増えたり、機器を導入したりすれば有線LANを拡張することに。 その都度、業者に有線LAN工事の再施工を依頼することになります。

だからこそ、最初の有線LAN工事では将来を見越した”拡張性”が必要です。

もし拡張性がないと余計な料金がかかったり、そもそも施工できなかったり。 2度,3度と繰り返していくうち、次第に思い通りにできなくなるのは確かでしょう。

拡張性まで意識した提案のできる業者であれば、今後も安心して任せられます。

アフタサポートの内容

”アフターサポートの内容”というのもチェックしておくのがおすすめです。

無線LANに比べると、有線LANはトラブルの少ない接続方法と言えます。 しかし、少ないだけでトラブルが起こらないということではありません。

LANケーブルに足を引っ掛けたり、掃除中にケーブルを抜いてしまったりなど。

適切につなぎ直せればいいですが、本数が多いと配線ミスしてしまうことも。 有線LANは1本でもつなぎ間違えると、ネットワーク全体に影響するものです。

万が一を考えるのなら、アフターサポートの充実した業者を選ぶべきでしょう。

営業担当との相性

意外に思われますが、有線LAN工事では”営業担当者との相性”も大切。

先述した通り、有線LAN工事というのはお問い合わせから施工まで数カ月。 1度の施工で終わるわけではなく、将来的にも付き合っていく可能性があります。

一般的に業者との窓口となるのは、最初に顔合わせをした営業担当です。

営業担当との相性が悪いと、打ち合わせのたびに気まずい雰囲気に。 要望を正確に伝えられないばかりか、打ち合わせするのさえ億劫になります。

できれば第一印象から、少なくとも2,3度会ってとき相性のいいかがポイントです。

2.まとめ

今回は、有線LAN工事をどこの業者に任せるのかについてまとめてみました。

業者選びのポイントとしては6つ。

  • 複数社を比較する
  • 営業年数の長さ
  • 営業所の距離
  • 拡張性を意識する
  • アフタサポートの内容
  • 営業担当との相性

有線LAN工事というのはオフィス環境に、ネットワーク環境に大きく関わるもの。 重要なものだからこそ、施工を担当する業者選びには慎重になりたいものです。

どちらにせよ、まずは複数社から見積もりを取って比較するところから始めましょう。 できれば3社以上、少なくとも2社以上から相見積もりを取ると比較しやすいです。

ぜひ、紹介したポイントを参考に、有線LAN工事を任せられる業者を選んでください。